Y4

コスチュームジュエリーと共に30年間ー

 

ロスアンジェルスの”JEWELS OF FANTASY"以後はまだ未定でしたが、何と

日本橋三越本店の催事会場で ”20世紀のコスチュームジュエリー展” と題し

て11月25日(土)〜 12月3(日)の9日間開催することが分かりました。

 

 

 早速、初日に出向きましたが、残念ながらデパート

 の催事場なのでスペースも狭く、今まで展示されて

 いたピースの多くが持ち主にコレクターの方々に戻

 されていて、小規模の展覧会になっていました。

 その後”JEWELS OF FANTASY"は大阪、香港と巡回

 したようですが、私の追っかけは結局東京で幕を閉

 じることにしました。

 あらためてウリカにお礼と”JEWELS OF FANTASY"

 の追っかけの報告のためにハリウッドに出向きまし

 た。ウリカから頂いた本やカタログにあるジュエリー

 と同じピースを目の当たりにした時の興奮した気持ち

 を伝えたところウリカはそこまで(VCJ)夢中になって

 いる私に驚かれたようでした。

 

 

 

暫くして友人から実はウリカがコレクションをオークションにかけるつ

もりだけれど、その前に本当に好きな人に譲りたいとのお話を頂きました。

思ってもみなかった嬉しい申し出ですが、少し時間を頂き結果コレクション

の一部を譲ってもらうことにしました。

まさかその後30年近くも ヴィンテージコスチュームジュエリー に係わる

とは思ってみませんでしたので、今考えると不思議なご縁を感じます。

 

数か月後、私の手元にジュエリーが届いた時にはジュエリー以外にも、書籍

が10数冊そしてJOSEFF(ジョセフ) デザインのネックレスにはアンシャリダン

が映画で使われた時の写真が納められた額が一緒に届きました。

 

     

 

 

 

 また、他にもEIZENBERG(アイゼンバーグ)

 の美しいクリップを襟元に飾り、洗練

 された素敵なデザインのブラックドレス

 をウリカのお嬢さんが試着して下さった

 写真と共に・・・

 EIZENBERG(アイゼンバーグ)はドレスデザ

 イナーでしたが、ラインストーンを使っ

 てドレスを飾るボタンが好評になって、

 ジュエリーデザイナーとなり、多くの

 ドレスを飾ることになりました。

 

 

 

当時、日本では ヴィンテージコスチュームジュエリーに関する情報書籍

の入手は困難でした。事情を知ったウリカの心遣いに心から感謝しました。

その後はNYに出かける度に、書籍を買うために本屋さん巡りをしました。

 

私が(VCJ) のコレクターとして興味を持ち始めると色々な出会い

がありました。そのひとつは(VCJ)好きな二人の女性が1993年に

始めたコンベンションでした。全米から(VCJ)のコレクター、デザイナー

や長く(VCJ)に係わった関係者の方々を介して(VCJ)を学ぶ勉強会です。

 

 

 初回の講演はHaskell元オーナーの

 Mr.Mossがハスケルの作品について

 の講演でした。その日の夕食後に

 私の装っていたハスケルのピース

 をご覧になってお声がけ下さり、

 ご夫妻とお話をすることができ

 ました。

 

その後も度々お目にかかり、NYのご自宅に保存してある奥様の素晴らしい

ハスケルコレクションを拝見することもできました。

 

コンベンションの会を重ねる度に充実、ゲストの方々もトリファリ、コロ

など元オーナーの方々や(VCJ)書籍ライターの方々も参加されました。

なお、残念なことに16年目の2009年に勉強会は閉会することに・・・

 

私にとってはどれだけ有意義な勉強会だったか、感謝しきれないほどです。

そして多くの(VCJ)に係わる関係者の方々や友人を得たことも・・・

最後の会で私は皆勤賞を頂きました!

 

                      ←(3)へ戻る

| ユキとコスチュームジュエリー ハート | 16:10 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode